読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続 今日の英語

はてなダイアリーで地味に続けていた「今日の英語」の続き。日常出会った気になる英語表現を、オンライン辞書の例文などとともにメモしています。

I've been accused of being wooden in my work but never waxy!

(これまで演技が堅い〈wooden〉って言われてきたけれど、気難しい〈waxy〉って言われたことはないよ!) BBCドラマの「シャーロック」でシャーロックを演じるベネディクト・カンバーバッチが、マダムタッソー蝋人形館に登場することが決まったという記事の…

Look, Andrew West stole the missile plans, tried to sell them, got his head smashed in for his pains. End of story.

(いいかい、アンドリュー・ウエストはミサイル計画書を盗み出した。そしてそいつを売りさばこうとして、苦労の見返りに頭を潰された。それで話は終わりだ。) BBCドラマ「SHERLOCK」S1エピソード3 "The Great Game" より。盗まれたミサイル計画書を取り戻し…

Sherlock's mind ran through thousands of memories…

(シャーロックの頭脳は、幾千もの記憶を素早く駆け抜けた。) BBCドラマ「SHERLOCK」シリーズ1第2話「The Hounds of Baskerville」の英語学習者用ノベライズより。物語も佳境に入り、キーワード"HOUND"の謎を解こうとするシャーロック。 "run through" は、…

Perhaps you can get through to him, John?

(ジョン、君から言ってもらったほうがよさそうだ。) BBCドラマ「SHERLOCK」S1エピソード3 "The Great Game" より。シャーロックに国家がらみの捜査を依頼しに来た兄のマイクロフト。依頼を受けようとしない頑固(intransigent)なシャーロックとの話の最中…

What are you on about?

(何の話してるのさ?) 『Harry Potter and the Philosopher's Stone』(ハリーポッターと賢者の石)より。ハグリッドがドラゴンの卵を手に入れた裏に隠された陰謀に気がついたハリーがハーマイオニーに話しかけているところに、話が見えないロンがこう尋ね…

Sherlock sees through everything and everyone in seconds.

(シャーロックはあらゆる物事と人物の本質を、瞬く間に看破してしまう。) BBCドラマ「SHERLOCK」S1エピソード3 "The Great Game" より。原作では冒険譚を「ストランド」誌に寄稿していた形のワトスン。現代版ジョンはブログでシャーロックの活躍を発表する…

It’s a good job I’m not one of them.

(僕が犯罪者じゃなくてよかったよ。) BBCドラマ「SHERLOCK」S1エピソード3 "The Great Game" より。あまりにも犯罪がなくて暇を持てあますシャーロックのグチ。"I don’t know what’s got into the criminal classes."(犯罪者達は何をやっているんだ)(14…

I don’t know what’s got into the criminal classes.

(犯罪者達は何をやってるんだ。) BBCドラマ「SHERLOCK」S1エピソード3 "The Great Game" より。あまりにも犯罪がなくて暇を持てあますシャーロックのグチ。ちなみに原作ホームズもこんな感じの人で、犯罪がないことを喜ぶどころか嘆く。順番で言うと、ジョ…

Open and shut domestic murder.

(単純明快な家庭内殺人だ。) BBCドラマ「SHERLOCK」S1エピソード3 "The Great Game" より。手がけた(手がけるまでもなかった)事件について語るシャーロック。 "open and shut"は、事件や訴訟、問題が「単純明快な、明々白々な」と言う時の表現。(if a l…

Oh, the wall had it coming.

(この壁はそうされて当然なんだ。) BBCドラマ「SHERLOCK」S1エピソード3 "The Great Game" より。犯罪が全然なくてヒマなんだ!と、ベイカー街221Bの壁に銃を撃ち放つシャーロック。2人のうちでは常識人担当のジョンに「ヒマだからって壁に八つ当たりして…

So you take it out on the wall?

(で、壁に八つ当たりってわけか。) BBCドラマ「SHERLOCK」S1エピソード3 "The Great Game" より。犯罪が全然なくてヒマでヒマでヒマでたまらないー!と発狂気味なシャーロック。ヒマつぶしに、壁に描いたスマイリーマークを銃で撃ち抜く、原作インスパイア…

I wasn't looking for any trouble.

(トラブルを招くようなことは何もしてなかったんだ。) BBCドラマ「SHERLOCK」の iPhone/iPad 公式アプリ"The Network"の中で出てきた表現。事件に巻き込まれた人の証言。 "look for trouble"、"ask for trouble"で、「災難を招くようなことをする、軽はず…

I would have caved in by now.

(私だったらとっくにあきらめてる!) カナダ在住の友達も、私の愛するBBC「SHERLOCK」を好きだったことが判明し、FB上で盛り上がった。彼女はもうS3を見たということで、羨ましい!私はまだだからネタバレしたくなくて今やジョンのブログも開けないよ〜、…

She was always getting at me, saying I weren’t a real man.

(彼女はいつも俺に文句ばかり言うんだ。俺は男らしくないとか言って。) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード3 "The Great Game" より。のんびりペースの英語メモも、やっとS1最終話に! 冒頭シーン。文法がめちゃくちゃな英語を話す青年とシャーロックの会話…

He’d just leave, fly off to China at a moment’s notice.

((デートの約束をしていても)出かけたと思ったらあっという間に中国へ行ってしまったり。) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード2 "The Blind Banker" より。事件解決後、亡くなった銀行員エディ・ヴァンクーンについて話す、彼のかつての恋人だった女性秘書…

Stood me up once too often.

(よく待ちぼうけさせられたわ。) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード2 "The Blind Banker" より。事件解決後、亡くなった銀行員エディ・ヴァンクーンについて話す、彼のかつての恋人だった女性秘書のセリフ。 "stand someone up" には「デートをすっぽかす、…

One of them helps himself to something, a little hairpin.

(彼らのうちの一人がある物を盗んだんだ。小さなヘアピンをね。) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード2 "The Blind Banker" より。事件解決後のホームズ&ワトスンの会話。事件の全容について。 "help oneself to something"に「勝手に取る、盗む」という意味…

We’ll just slip off.

(僕たちは姿を消す。) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード2 "The Blind Banker" より。事件解決後遅まきながら現れたスコットランドヤードのディモック警部にこう残し、ホームズ&ワトスンは現場を去るのであった。手柄はあげるってさ。 slipには「こっそり…

I suppose there's no use me trying to persuade you I was doing an impression.

(彼の物真似をしていただけだと言っても信じてはもらえないんだろうね…) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード2 "The Blind Banker" より。ホームズと間違えられて拉致されるワトスン。ホームズを皮肉るために"I am Sherlock Holmes, blab blab blab..."なんて…

Please tell me I'll have something to show for it, other than a massive bill for overtime.

(頼むから労力に見合った成果を約束してくれ、山のような残業の請求書以外にも。) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード2 "The Blind Banker" より。ホームズたちのことをイマイチ信用してないディモック警部がホームズ&ワトスンに言ったセリフ。 "have somet…

This is not their day job.

(これは彼らの本業ではない。) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード2 "The Blind Banker" より。中国マフィアの表の顔であるサーカス団に乗り込んだホームズ&ワトスン。開演前の雰囲気に飲まれ、「これはサーカスじゃなくてアートだよ…」なんてほうっとする…

While I’m trying to get off with Sarah!

(僕がサラと「お近づきに」なろうとしている間にってことだ!) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード2 "The Blind Banker" より。職場で知り合ったサラとのデートに、事件をひっさげたホームズがついてきてしまったことに腹を立てたワトスン。"You want me to …

John tried to contain his anger.

(ジョンはなんとか怒りを抑えようとした。) BBCドラマ「SHERLOCK」シリーズ1第1話「Study in Pink」の英語学習者用ノベライズより。「都合良ければすぐ来い/都合悪くても来い」という原作ファンにんまりなメールでホームズに呼び出されたワトスン。何の用…

Brian Lukis and Eddie Van Coon were working for a gang of international smugglers, a gang called the Black Lotus operating here in London right under your nose.

(ブライアン・ルーキスとエディ・ヴァン・クーンは、国際的な密輸組織ブラック・ルータスで働いてたんだ。本拠地はここロンドン、君のお膝元だ。) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード2 "The Blind Banker" より。スー・リン・ヤオまでもが殺されたことで、今…

I turned my brother away.

(私は弟の依頼を断ったわ。) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード2 "The Blind Banker" より。親を亡くし、犯罪組織と関わりを持ってしまったスー・リン・ヤオと弟。組織から逃げ出したスー・リンの元に、組織の操り人形となった弟が、ある仕事の協力要請を伝…

She was 54 if she was a day.

(少なくとも54歳以上だ。) BBCドラマ「SHERLOCK」に連動した公式ファンブック(?)「SHERLOCK: THE CASEBOOK」より。ジョンが事件についてまとめたスクラップブックに、シャーロックやマイクロフトが付箋で茶々を入れたりしていて楽しい作り。S1 Ep.2 "Th…

Somebody else broke into the flat and knocked over the vase, just like I did.

(誰かがこの部屋に押し入って、僕と同じように花瓶を倒したんだ。) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード2 "The Blind Banker" より。殺された銀行員ヴァン・クーンとジャーナリスト ルーキスの足取りを追い、美術館で働くスー・リンのアパートまでたどり着い…

Spotted at the scene was DI Lestrade, famous for his role in the recent 'Suicidegate' press conference.

(現場に配属されたのはレストラード警部で、先頃の「Suicidegate」記者会見で有名な人物だ。) BBCドラマ「SHERLOCK」関連書籍「Sherlock: The Casebook」ジョンのスクラップブックに貼られた Study in Pink 事件の新聞記事より。 この"-gate"という表現は…

I’ve managed to piece together a picture using scraps of information, credit card bills, receipts.

(断片的な情報やクレジットカードの明細、レシートなんかをもとに、ようやく状況が掴めてきたんだ。) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード2 "The Blind Banker" より。殺された銀行家ヴァンクーンの足取りを追うホームズと、殺されたジャーナリスト ルーキス…

Listen, whatever you say, I'm behind you 100%.

(いいか、これから君が何を言おうとも、僕は100%君を支持する。) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード2 "The Blind Banker" より。ディモック警部に事件の証拠について訪ねてきたワトスン。初めて接するホームズのやり方に振り回されるディモック警部が "You…

Looks like he had back-to-back meetings with the sales team.

(販売チームと立て続けにミーティングがあったようです。) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード2 "The Blind Banker" より。殺された銀行員ヴァン・クーンの足取りを追うために彼の秘書に話を聞くホームズ。 back-to-backって昔好きだった歌の歌詞であって、…

This symbol - I still can’t place it.

(この記号だ…まだわからない。) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード2 "The Blind Banker" より。2件の殺人にまつわる謎の暗号に取り組むホームズ。 placeは動詞で「〜を思い出す、突き止める、見分ける」という意味で使うことがある。久しぶりに会った人が誰…

You want to tell your little pal: he's welcome to go and own up, anytime...

(君の友人に言ってくれてもいいんだぜ、いつでも出頭して白状してくれてかまわないって。) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード2 "The Blind Banker" より。公共物に落書き(グラフィティ)してたという濡れ衣で警察に捕まってしまったワトスン。警察でASBO(…

From the million pound security system at the bank to the PIN machine you took exception to.

(100万ポンドもする銀行のセキュリティシステムから君が腹を立ててたPINマシンに至るまでね。) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード2 "The Blind Banker" より。世の中は暗号であふれてるんだよ、とワトスンに話しかけるホームズ。 「例外」でおなじみのexcep…

They don’t reckon for one second that there’s another way in.

(他に侵入経路があるなんて夢にも思わなかったのだろう。) BBCドラマ「SHERLOCK」エピソード2 "The Blind Banker" より。銀行員ヴァン・クーンと同様の手口で殺されたジャーナリストのルーキスのアパートを調べるホームズ。4Fに位置する部屋でチェーンのか…

This investigation might move a bit quicker if you were to take my word as gospel.

(僕の言葉を全面的に信じれば、今回の捜査はもっと早く進むだろうね。) BBCドラマ「シャーロック」エピソード2 "The Blind Banker" より。銀行員ヴァン・クーンに続き、同様の手口で第2の殺人が起きてしまった。ヴァン・クーンの死を自殺で片付けようとし…

I could always do with the money.

(お金が必要でね。) BBCドラマ「シャーロック」エピソード2 "The Blind Banker" より。職探し中のワトスンは代診医の面接へ。あなたのようなちゃんとした経歴を持つ方に、こんな簡単な仕事はどうかしら、と言われ、こう答える。 "can(could)+do with〜"と…

What are the chances of that?

(その可能性がどれほどあると思ってるんだ?) BBCドラマ「シャーロック」エピソード2 "The Blind Banker" より。死体で見つかったヴァン・クーンは実は自殺で、彼の手に握られた拳銃の弾は窓の外にあるはずだ、と述べるホームズに、ディモック警部が「それ…

I'll take your word for it.

(君の言葉を信じるよ。) BBCドラマ「シャーロック」エピソード2 "The Blind Banker" より。殺されていた銀行員のスーツケースに入っている洗濯物の状態から、死後3日くらいは経っているだろうと推理するホームズ。ワトスンにも確認するよう促すが、人の下…

You want me to buzz you in?

(中に入れて欲しいってこと?) BBCドラマ「シャーロック」エピソード2 "The Blind Banker" より。銀行に残された謎のメッセージを追って、銀行員ヴァン・クーンの家にやってきたホームズとワトスン。なんとか彼の部屋に入ろうと、彼の部屋の上に住む女性に…

Actually, I've just locked my keys in my flat.

(実は、カギを部屋に置き忘れたままロックをかけてしまって。) BBCドラマ「シャーロック」エピソード2 "The Blind Banker" より。銀行に残された謎のメッセージを追って、銀行員ヴァン・クーンの家にやってきたホームズとワトスン。なんとか彼の部屋に入ろ…

Sour grapes?

(負け惜しみかい?) BBCドラマ「SHERLOCK」連動のホームズのブログ The Science of Deduction の中でのホームズとワトスンのやりとり。自分に用がある人は(アクセスの少ない)自分のブログじゃなくて(今や人気ブログとなった)ジョンのブログに連絡して…

I’m glad you could make it over.

(来てくれて嬉しいよ。) BBCドラマ「シャーロック」エピソード2 "The Blind Banker" より。8年ぶりに会った旧友セバスチャンの近況をズバズバ当てるホームズ。ホームズの観察眼を知っているセバスチャンはどうやって当てたのか聞くが、その聞き方があまり…

Put the wind up everybody.

(みんなをイライラさせたよ。) BBCドラマ「シャーロック」エピソード2 "The Blind Banker" より。学生時代の思い出をワトスンに語るセバスチャン。みんなの隠したいことをズバズバ言い当てるホームズが嫌だった、と。 "put the wind up somebody"という形…

We’re all sorted here thanks.

(ここは間に合ってるから大丈夫だ。ありがとう。) BBCドラマ「シャーロック」エピソード2 "The Blind Banker" より。ホームズとワトスンにお茶を出そうとする秘書に対して、何もいらないから大丈夫だ、と告げるセバスチャン。 sortのイメージから意味合い…

Grab a pew.

(まあ掛けたまえ。) BBCドラマ「シャーロック」エピソード2 "The Blind Banker" より。オフィスに通したホームズとワトスンに座るよう促すセバスチャン。 pewは英国口語で「座席」。"take a pew" で take a seat と同じような意味に。辞書では humorousな…

Eight years since I last clapped eyes on you?

(最後に会ってからもう8年になるかな?) BBCドラマ「シャーロック」エピソード2 "The Blind Banker" より。学生時代の同級生・セバスチャンとホームズの挨拶。セバスチャンのセリフ。このシーンのあとホームズが連れのワトスンを "This is my friend John …

In a manner of speaking. Took me less than a minute to guess yours.

(まあそうとも言えるね。1分もかからずに解けちゃうようなパスワードだけどね。) BBCドラマ「シャーロック」エピソード2 "The Blind Banker" より。勝手に自分のパソコンを使っているホームズを見つけたワトスン。「パスワードかかってるのに!」と抗議す…

I had a row in the shop. With the chip and pin machine.

(店でケンカしたんだ。…カード精算機と。) BBCドラマ「シャーロック」エピソード2 "The Blind Banker" より。買い物に出かけたのに買い物せずに戻ってきた理由をホームズに説明するワトスン。 最初rowって行列のほうのrowかと思ったんだけど同一綴りの発音…

You took your time.

(ずいぶん時間がかかったね。) BBCドラマ「シャーロック」エピソード2 "The Blind Banker" より。買い物から帰ってきたワトスンにホームズがこう声をかける。 "take your time"って「ゆっくりでいいよ」という声かけでよく出てくる言葉(06/1/26)だけど、…