読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続 今日の英語

はてなダイアリーで地味に続けていた「今日の英語」の続き。日常出会った気になる英語表現を、オンライン辞書の例文などとともにメモしています。

Now try to get this straight: there is nothing between us.

(はっきりさせておこう。僕らの間には何もない。) 映画「雨に唄えば[Singin' in the Rain]」より。本当は恋愛関係にないのにゴシップ記事を鵜呑みにして自分はドンの恋人だと思い込んでいるリナ。ドンは彼女にこう言い聞かせる。 "get something straight"…

You shouldn't believe all that banana oil that Dora Bailey and the columnists dish out.

(ドラ・ベイリーやコラムニストたちがばらまくような戯言を信じたらいけない。) 映画「雨に唄えば[Singin' in the Rain]」より。本当は馬が合わないはずのドンとリナ。でも頭がちょっと弱くて権威に弱いリナは、ゴシップ誌が書き立てるドンとリナのロマン…

Are you anybody?

(アンタ何様のつもり?) 映画「雨に唄えば[Singin' in the Rain]」より。ひどい悪声のため、人前で喋らせてもらえないサイレント映画のスター女優・リナ。次回は私にスピーチさせてよ、原稿を覚えるわ、と訴えると、音楽家のコズモーがゲティスバーグ演説…

Can't a girl get a word in edgewise?

(女は黙ってろってわけ?) 映画「雨に唄えば[Singin' in the Rain]」より。サイレント映画のスター女優・リナは、堪え難いほどの悪声の持ち主。イメージを崩さぬよう、客の前での挨拶はいつも相手役のドンがこなすのだが、彼女はそれがお気に召さないよう…

You might be trading that fiddle in for a harp.

(そのバイオリンの代わりに天国でハープを弾くなるかも知れんぞ。) 映画「雨に唄えば[Singin' in the Rain]」より。音楽担当として映画の撮影に参加していたドンは、スタントマンが伸びてしまったのを機会に、映画俳優への道を歩みだす。「彼の代わりに自…

I've had one motto which I've always lived by: "Dignity. Always dignity".

(人生の規範にしている座右の銘があるんだ。「どんな時でも尊厳を持って」というものさ。) 映画「雨に唄えば[Singin' in the Rain]」より。有名映画俳優のドンがテレビのインタビューに答えたセリフ。 "live by" はここでは「(信条・規則など、ある生き方…

That's cat's pajamas!

(それって最高!) 英会話レッスンにて、なぜか cat にまつわる表現がトピックとなり、先生の辞書に載っていた cat's pajamas が全員の間でブーム。レッスン中に10回くらい使ったんじゃなかろうか。 cat's pajamas=「素晴らしい、とても魅力的な(excellent…

Come rain, come shine, come snow, come sleet, the show must go on!

(雨が降ろうが槍が降ろうが、ショーは続けなきゃ!) 映画「雨に唄えば[Singin' in the Rain]」より。有名映画俳優のドンと親友のコズモ。落ち込むドンにコズモが「君は俳優だろう!俳優なら何があってもショーを続けろよ!」と声をかける、「Make'em laugh…

Come on, now, snap out of it.

(ホラ、元気だして、気をとり直せよ。) 映画「雨に唄えば[Singin' in the Rain]」より。有名映画俳優のドンは、ある日出会った舞台女優志望の少女キャシーに「映画の演技なんて演技じゃない」とけなされる。その後、彼の参加するパーティーに、偶然ショー…

What's long face?

(浮かない顔してどうしたの?) NHKラジオ「英会話上級」本日のダイアログより。浮かない顔で帰ってきた娘に母親がかけた言葉。 "long face" が「浮かない顔、悲しそうな顔」。そういえば映画「雨に唄えば」でドナルド・オコナー演じるコズモーが歌う "Make…

"Never a Dull Moment" lives up to its title.

(映画「Never a dull moment(=退屈する時がない)」はそのタイトルに見合った作品だ。) "Never a dull moment"という映画(邦題「怪盗大旋風」←いかにもB級 笑)のカスタマー・レビューより。 "live up to〜"で「(期待・責任など)に応える、添う」という…