読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続 今日の英語

はてなダイアリーで地味に続けていた「今日の英語」の続き。日常出会った気になる英語表現を、オンライン辞書の例文などとともにメモしています。

You ought to be stuffed with nails, you ought!

(クギでも食らいやがれってんだ! ※訳に関して追記あり)
 映画「マイ・フェア・レディ」より。花売り娘のイライザが、出会ったばかりの言語学者ヒギンズ教授にむかってついた悪態。

  • お恥ずかしながら、nailの意味を「爪」しか知らず、最初何言ってんだかわからなかった。「爪詰め?ってホラーだなあ!」とか(笑)。辞書で調べて「釘」の意味を知り、目からウロコ。ちなみに「釘を打ち付ける」という動詞の意味も。
  • "be stuffed with" で「〜で詰められた」。動物のぬいぐるみは "stuffed animal" と言えるけれど、例えば "stuffed cat" のように具体的な動物名が入ると「ネコのぬいぐるみ」より「ネコの剥製」のほうがイメージわいちゃうらしい(特に英国)。"soft toys"を使ったほうが無難だそう。(※08/4加筆訂正 参考:08/3/8
    • His head has been stuffed with myths and taboos.
    • He stuffed himself with potato chips.
  • ※(2014/10/8追記)コメント欄にて、nailsには俗語でcoinsの意味があり、ここでは「あんたは金をたくさん持っているはず」という意味になる、という指摘をいただきました。確かにアンタ金があるって言ってたじゃないか!というような話の流れからのセリフなので、こちらのほうがしっくりくる。軽く辞書で検索した感じだとひっかからないので、この時代に使われていた表現なのかな?自力ではたどりつけなかったと思います。コメントをいただいたakutadさん、ありがとうございました。