読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続 今日の英語

はてなダイアリーで地味に続けていた「今日の英語」の続き。日常出会った気になる英語表現を、オンライン辞書の例文などとともにメモしています。

Here's a toast; to a prosperous year!

(輝かしい一年に乾杯を!)
 ミュージカル「オペラ座の怪人」第二幕「マスカレード」より支配人アンドレの台詞。オペラ座の怪人(the Phantom of the Opera)の恐怖から逃れられたかに見えた一同は、大々的な仮面舞踏会を開き、喜び歌い踊る。

  • パンのトーストを表す「toast」にはいくつか意味があって、ここでは「乾杯、祝杯」という意味。「乾杯をする」という動詞でも使える。(加筆: toast には「酔う」の意味もある。参考:07/3/16
  • 「乾杯」を表す言葉はたくさんあって、"Cheers!"、"chin-chin!"、"bottoms-up!"から普通に "Here's〜!" や "to〜!" まで様々だけれど、これってみんな、乾杯のいわゆる「音頭」にすぎない。「乾杯!」って言う前に、乾杯を誘う文句として"Shall we make a toast?"(乾杯しませんか?)とかサラッと言えると素敵かなと。
    • Let's give him a toast!(彼のために乾杯しよう!)