読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続 今日の英語

はてなダイアリーで地味に続けていた「今日の英語」の続き。日常出会った気になる英語表現を、オンライン辞書の例文などとともにメモしています。

I for one have had my fill of it.

Mary Poppins

(私としては、子供達の脱走にはもううんざりですの。)
ディズニー映画「メリーポピンズ」冒頭、バンクス家の子供達に手を焼いて乳母をやめていくケイティ・ナナのセリフ。子供達はこのおこりっぽい乳母が大嫌い。今日もいつものように脱走。外出から帰ってきたバンクス夫人が「これで今週3度目じゃないの」ととがめると、「4度目です、奥様」とケイティ・ナナ。で、やってられるかー、とやめてしまう。itは子供達の脱走のこと。

  • one's fill で、その人の欲しいだけ、耐えられるだけの許容量を示す。「have had one's fill of 〜」という形で「〜にはうんざりしている」というネガティブな意味で使うことが多いみたい。(if you have had your fill of an unpleasant situation, you will not accept it any longer/ to have done something or experienced something, especially something unpleasant, so that you do not want any more/To have received or experienced more of it or them than one can tolerate.)
    • People have had their fill of empty promises and want action.
    • I've had my fill of screaming kids for one day.
    • He's had his fill of dirty jobs.
    • She's had her fill of trouble lately.
    • I love opera―I can never get my fill of it.
  • ふつうにeat とか drink とか get とかと一緒に使うと「もう十分いただきました」という意味に。「まんぷく〜」は今まで "I'm full〜" という言い方しかしてなかったので I got my fill of it! とか今度使ってみたい。でもちょと古めかしい表現なのかも?
    • No more pudding thanks, I've had my fill.
  • ちなみに "I for one..."ていう言い方、以前本を読んだ時に出てきてて、メモしたかと思っていたのにもれていたみたい。「私個人としては・・・」と自分の立場からの話をする時の表現。