読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続 今日の英語

はてなダイアリーで地味に続けていた「今日の英語」の続き。日常出会った気になる英語表現を、オンライン辞書の例文などとともにメモしています。

Serves you right spoiling people's best dreams.

Cinderella

(楽しい夢をジャマするからよ。)
ディズニー映画「シンデレラ」より。別冊宝島の学習DVDを買ってしまった。かなりいい。朝、素敵な夢を見ていたところを小鳥たちにつつかれて起こされたシンデレラ。小鳥を軽く小突きながら、からかい口調で言った言葉。

  • (it) serve someone right で「自業自得だ/当然の報いだ」という意味に。例文のように、後ろに〜ingが続くと「〜したんだから当然の報いよ」と、理由をあらわす感じになる。
    • She kicked me!---Serves you right, teasing her like that.
    • Serves him right, I'd say. ※同じく「シンデレラ」後半に魔女が猫のルシファーについていうセリフ
    • I feel awful.---It serves you right for eating so much.
    • All I can say is it serves you right.
  • 「〜されたとしても当たり前よ」と仮定をあらわしても使われる。
    • It would serve you right if Jeff walked out on you. 
    • After the way she treated him, it would serve her right if he left her.
    • John copied off my test paper. It would serve him right if he fails the test.
    • It'd serve John right if he got arrested.
    • It would serve you right if your children never spoke to you again.
  • これって前にとりあげた"He asked for it!" "He deserved it!"と同意よね(04/7/30)、と思いちょっと調べてみるとdeserve it とserve 〜 rightの使い分けをわかりやすく説明しているページが。(http://getupenglish.blog.ocn.ne.jp/getupenglish/2006/05/it_serves_you_r.html←コメント欄参照)。英英で調べてみても、serve someone rightは"be someone's deserved punishment or misfortune"と、よくないもの(punishment or misfortune)に見合うという意味合いで使うのに対し、deserve自体は"do something or have or show qualities worthy of (reward or punishment)"と、よいこと(reward)に見合う際にも使われるのがわかる。