読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続 今日の英語

はてなダイアリーで地味に続けていた「今日の英語」の続き。日常出会った気になる英語表現を、オンライン辞書の例文などとともにメモしています。

Once in a blue moon.

(めったにないことだね。)
 NHKラジオ「ラジオ英会話」より。「英語のあるフレーズを一息で5回言う」みたいなコーナーがあるのだが、その担当が最近女性ホストのケイティばかりで男性ホストのジェリーにまわってこなかった。この日は久々にジェリー担当ということで、メインホストの遠山顕先生がこの一言を。

  • 由来については諸説ある(ひと月の間に訪れる2度目の満月をblue moonて言うとか)ようだけれど、"once in a blue moon" の意味は「めったにない(very rarely)」ということ。使ってみたいなあ。ああ、この間の英会話レッスンの前に知ってたら使えたのにな。「弟と出かける?once in a blue moonだよ〜」って。
    • It only happens like this once in a blue moon.
    • My sister lives in Alaska, so I only get to see her once in a blue moon.
    • I don't know why I bought that CD-ROM for my computer - I only ever use it once in a blue moon.
    • In 1988, Earth, Jupiter, Saturn and Uranus were all in alignment. This happens “once in a blue moon.” ←これ、うまい使い方だよねw
  • 先週の「ラジオ英会話」は道案内の表現がいっぱい。聞いてる分には難しくないけれど、実際に言うとするときっと言えない・・・と思われる表現が盛りだくさんで意外と要注目だ。
    • They're across the street from Candyland.
    • Over on the north side of town.
    • You can't miss it.