読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続 今日の英語

はてなダイアリーで地味に続けていた「今日の英語」の続き。日常出会った気になる英語表現を、オンライン辞書の例文などとともにメモしています。

第6回-08/5/20 words and expressions

lesson memo

 この日はレッスン振替でいつものintermediate classからsemi-intermediate classへの参加。いつもよりベーシックな内容だったけれど、いつもは放っておいてしまうような小さなところもきちんと直してもらえるキメ細かさはよかった。

  • I'm bad at names. ※先生はこう言っていたけれど、withを使っている例も多い。英英辞書の例文はbad at names。(08/5/21)
  • let me see...は教科書的な表現で実際にはあまり使わない。もしくは本当に時間がたくさんかかるような状況で。
  • still ※you're still a stranger here. と言いたくてyetを使ってしまい、stillと直された。
  • this city is very convenient.
  • newlyweds/新婚さん ※一人なら a newlywed
  • got trained at work/仕事をしながらスキルを身につける
  • specific
  • recall/(一度忘れていたことを)思い出す
    • I could recall this dream.
    • You don't happen to recall his name, do you?
    • I seem to recall I've met him before somewhere.
    • I can't recall who gave me the information.
    • As I recall, it was you who suggested this idea in the first place.
  • How should I say.../How do I say...
  • traumatized/トラウマを受ける
    • I was traumatized.
    • I've experienced very traumatizing things.
  • "I would get scared if I saw a ghost." と "I get scared when I see a ghost." ※whenを使う場合は実際に見たことがあるのが前提。
  • I'm scared of spiders. ※名詞は複数形
  • I don't know it's real or not,... ※自分が体験したことが本当かどうかわからない、という意味で"I don't know it's a true story or not,..."という言い方をしたものを "real or not" に直される。true storyじゃ話自体が嘘か本当か、っていうことになっちゃうもんね。
  • that's amazing...!
  • recital は小さい発表会でも使う。大きいのはshow。 ずっと「recitalって小さい発表会でも使うけど、日本語で言うところの"リサイタル"は同じ単語でいいのかな〜?」と思ってたのが解消。


●使いたかった英語を使ってみた

  • qualification ※licenseとqualificationの違いを最近podcastで聞いたばかりだったのでうまく使えたと思う。


●発音が不安で言いよどんでしまった英単語

  • adjective(ア ジェクティヴ)
  • dialect(ダイアレクト)