読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続 今日の英語

はてなダイアリーで地味に続けていた「今日の英語」の続き。日常出会った気になる英語表現を、オンライン辞書の例文などとともにメモしています。

But I wasn't buyin' it...

(だが、ワシはそんなものは信じていなかった。)
 ルパン三世「ルパン対複製人間」より。トランシルヴァニアで絞首刑にされた死体の検視結果が、ルパン本人だと出たにもかかわらず、自分だけはそれを信じない、という銭形のとっつぁん。

  • リンガフォンのテキストには "I'll buy it" が「(謎が解けずに)参った、降参する」というイディオムで紹介されているが、辞書で調べると、buyには俗語で「受け入れる」という意味がある(accept the truth of/To accept the truth or feasibility of ※feasibility:実現可能性/ to believe something that someone tells you, especially when it is not likely to be true)ので、ここからだと思う。I'll buy itという表現の用例は見つからなかったなあ。
    • The officer didn't buy my lame excuse for speeding. ※lame/不十分な、説得力のない
    • "Let's just say it was an accident.""He'll never buy that."
    • I don't buy that explanation.
    • He bought the whole story.(だまされて信じ込まされた、のニュアンス)
    • It sounds good to me, but will your wife buy it?
  • 古代エジプトのファラオたちが探し求めた永遠の命の秘密が「賢者の石」にあるらしい、というルパンのセリフに対する次元の返答もこのbuyを使っている。
    • If you buy that, I've got some Siberian beach front property on sale.
  • buyの反意語sellを使った"I'm sold"っていうイディオムもあったね(08/5/15)。この時はNHKラジオを教材にメモしたけれど、実はこれは「ルパン対複製人間」後半ルパンのセリフでも出てくる。
    • "OK, I'm sold. Let's say we get started on eternity right now!!" ※「永遠の命が手に入るのよ!」とルパンに力説する不二子に、「わかった、わかった、だからエッチなことしようぜ!」とたたみかけるルパンのセリフ。