読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続 今日の英語

はてなダイアリーで地味に続けていた「今日の英語」の続き。日常出会った気になる英語表現を、オンライン辞書の例文などとともにメモしています。

Sherlock's mind ran through thousands of memories…

SHERLOCK Harry Potter

(シャーロックの頭脳は、幾千もの記憶を素早く駆け抜けた。)
 BBCドラマ「SHERLOCK」シリーズ1第2話「The Hounds of Baskerville」の英語学習者用ノベライズより。物語も佳境に入り、キーワード"HOUND"の謎を解こうとするシャーロック。

  • "run through" は、「素早く読む、考察する、確認する、説明する」という意味(to read, look at, or explain something quickly/ to read, repeat, or practice something quickly/to read or examine something quickly/ to read or examine something quickly/to discuss, repeat or read something quickly)。run が使われているだけあって、疾走感がある。
  • スケジュールや手順の確認なんかでも使われる言葉。『ハリーポッターと秘密の部屋(Harry Potter and the Chamber of Secrets)』でも、大切なお客様を迎えるにあたって、家族にスケジュール確認をするヴァーノンおじさんのセリフとして出てくる。
    • We should run through the schedule. ※『ハリーポッターと秘密の部屋』より
    • Briefly, she ran through details of the morning's events.
    • He ran through the names on the list.
    • Could we run through your proposals once again?
    • Let's run through our lines one more time.
    • He quickly ran through the dance routine.
    • I ran through your report this afternoon.
    • Sally ran through the list, checking off the names of the people who had already paid for tickets.
  • 日本語で「ランスルー」というと、舞台等での通し稽古のこと(英語でも名詞 run-through が同意)。実際動詞の run through も、そういうシチュエーションでも使える(to go through a procedure or sequence; to rehearse a procedure or sequence/to perform, act or practise something)。
    • I want to run through act two again before we end this rehearsal.
    • Can we run through Scene 3 again, please?



(オーディオパックがいいよね!)