読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続 今日の英語

はてなダイアリーで地味に続けていた「今日の英語」の続き。日常出会った気になる英語表現を、オンライン辞書の例文などとともにメモしています。

I've been accused of being wooden in my work but never waxy!

(これまで演技が堅い〈wooden〉って言われてきたけれど、気難しい〈waxy〉って言われたことはないよ!)
 BBCドラマの「シャーロック」でシャーロックを演じるベネディクト・カンバーバッチが、マダムタッソー蝋人形館に登場することが決まったという記事の、インタビュー部分で。(Madame Tussauds™ London - Benedict Cumberbatch

  • woodenとwaxyを掛けてるジョークなのはすぐわかったんだけど、woodenって具体的にはどんな感じ?と、辞書で調べたら、「(感情などが)活気のない、無表情な、堅い」とのこと。(not showing enough expression, emotion, or movement, especially when performing in public/awkward or stiff : not having or showing any emotion, energy, etc./not showing enough natural expression, emotion, or movement)
    • The actor playing the father was too wooden.
    • Her voice sounded wooden and lifeless as she struggled to control her feelings.
    • The guest speaker was wooden and uninspiring.
    • She’s a wooden speaker.
    • She gave a wooden smile to the camera.
    • I thought the lead actor gave rather a wooden performance.
    • a movie with wooden dialogue
  • waxy はふつう「つやつやした」や「柔軟な」のように要は「ワックスっぽい」っていう意味なんだけど、The Free DictionaryとDictionary.comにはブリティッシュイングリッシュで「気難しい、短気な(bad-tempered or irritable; angry)」と載っているので、そちらで訳してみた。
    • a waxy personality
  • 記事の中ではベネディクトが "Finally I can photobomb myself!"って喜んでいてこれもまたたまらなくかわいい。フォトボムっていうのは、誰かが写真を撮ろうとしているところに映り込むいたずらのことなんだけど、アカデミー賞授賞式の際にU2にフォトボムしたベネディクトは記憶に新しい。最高の写真なので、ファンじゃない方もぜひご覧あれ。(Benedict Cumberbatch earns best photobomb of Oscars night as he crashes U2's snap | Daily Mail Online