読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続 今日の英語

はてなダイアリーで地味に続けていた「今日の英語」の続き。日常出会った気になる英語表現を、オンライン辞書の例文などとともにメモしています。

On second thoughts, I believe a trial period would be wise.

(やっぱり、試用期間を設けるのがよさそうですわね。)
 映画「メリーポピンズ [Mary Poppins]」より。バンクス家の家庭教師(ナニー)採用の面接にやってきたメリーポピンズ。会話は始終ポピンズのペースで、面接をしているのがどっちかわからないくらい。ポピンズが口にする「試用期間」は、どっちが「試用」される側なのかわからないニュアンスで。

  • "on second thought(s)"は、何かについて、今まで言ってた意見とガラっと違うものに変えたような時に使える言い回し。私はよく、食事の注文などで、土壇場になって「でもやっぱりこっちにする!」と意見を変えることが多い。そういう時便利な表現。
  • この間、英会話レッスンで心理テストを解いていて、直前まで迷っていたのと全然違う答えを「やっぱりこっち!」と選ぶときにこれを使えばよかったのだが、その時はパッと出てこなかったのでくやしい。
  • イギリスでは "on second thoughts" アメリカでは "on second thought" を使うのが一般的らしい。
    • I'll call her tomorrow - no, on second thought, I'll try now.
    • On second thought, perhaps he was right.
    • On second thought we decided that it would be too expensive to fly, so we took a bus instead.