読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続 今日の英語

はてなダイアリーで地味に続けていた「今日の英語」の続き。日常出会った気になる英語表現を、オンライン辞書の例文などとともにメモしています。

I thought that'd be right up your street.

(あなたにぴったりの事件だなって思ったのよ。)
 BBCドラマ「シャーロック」エピソード1 "A Study in Pink" より。3人連続の自殺には事件性がありそうだ。全員自殺する理由も兆候もなく、同じ薬で死んでいる…。この世間を騒がせている事件について、宿の大家さんであるハドソン夫人がホームズに話しかける。

  • イギリス英語。be (right) up someone's street=「〜にぴったりの、適している/〜にうってつけの、専門領域の」(exactly right for you/if something is right up someone's street, it is exactly the type of thing that they know about or like to do/very suitable for you because it is something that you know a lot about or are very interested in)。
    • I've got a little job here which should be right up your street.
    • This job seems right up your street.
  • アメリカでは be (right) up/down your alley という形に。upでもdownでも意味が同じになる。
    • I've found a job that should be right down Lou's alley.
    • Skiing is right down my alley. I love it.
    • This kind of thing is right up John's alley.
    • The job should be right up Steve's alley - working with computers, software and stuff.


(DVDはリージョン違いなのでご注意を!)